【福島県被災地見学プラン】大熊町の今を知る見学プラン~廃墟と復興の町並み~

来て,ふくしま
ふくしま復興し太郎
ふくしま復興し太郎

訪問ありがとうございます!私の簡単なプロフィールは⇩こんな感じです。

~簡単なプロフィール~

2011.3.11 20歳の時に福島第一原子力発電所で被災

 ⇒体験談はこちら【私の体験談】東日本大震災津波と原発事故~第1話_災害の始まり~ – ふくしま復興し隊 (fukushima-fukkoushitarou.com)

・原発事故の体験と教訓,廃炉作業の今を伝えていくことがライフワーク

・多くの人に福島の今と魅力を伝え,興味を持ってもらい復興に貢献するため活動中

今回は今の福島県大熊町を見て知ることのできる見学プランを紹介します。

大熊町は東日本大震災と福島第一原発事故の複合災害により,全町避難を余儀なくされました。

「震災から10年以上経った大熊町が今どうなっているのか知りたい!」「大熊町の復興状況を知りたい!」という方は是非見学ブランを参考にお越しください。

時間が止まったような町復興が進んでいる町を見れるプランを考えました。

見学プランは⇩の通りです。



午前

10:00~11:00_大野駅周辺散策

大野駅周辺は特定復興再生拠点となっており,自由に立ち入りすることができます。

あちこちで解体工事等が行われていますが,まだまだ震災当時から時が止まったままの場所が残っています。

大熊町の現実を見れると思います。

詳しくはこのブログでも紹介していますので是非見てください。

11:10~12:00_大熊町役場周辺散策

大河原地区は大熊町の復興拠点として役場や住宅,商業施設が集中的に整備されている地区です。

復興へと進んでいく大熊町を見ることができます。



午後

12:00~13:00_ランチ@魚定食 おしだ

魚定食おしだはおいしい魚料理が食べれるお店です。

おすすめは「刺身定食」です。刺身が特においしいので是非ご賞味ください!

詳しくはこのブログでも紹介していますので是非見てください。

13:30~15:30_中間貯蔵施設見学会へ参加

大熊町は震災後,福島県各地で発生した汚染した土壌等を集中管理するために中間貯蔵施設が整備されました。

集められた汚染した土壌等がどのように保管管理されているのか知ることができます。

施設内の見学は予約不要ですが,広大な敷地の保管状況を見ることのできる見学会は要予約となります。

詳細はブログで紹介していますのであわせてご覧ください



必要なもの

この見学プランに必要なものや予約を紹介します。

費用

・1人当たり:1,000円程度

1人当たりかかる費用は↓以下の通りとなります。人数によって変わりますのであくまで参考にしてください。

予約

・中間貯蔵施設見学会の予約

中間貯蔵施設は双葉町と大熊町にまたがる約16k㎡にわたる広大な施設です。

見学会では「大熊コース見学ルート」「双葉コース見学ルート」に分かれており,所要時間焼く2時間程度で見学することができます。

見学会には事前申し込みが必要となります。

⇩公式HPより申請書を確認し,FAXまたはメールにて申し込みとなります。

中間貯蔵施設見学会:中間貯蔵工事情報センター

まとめ

東日本大震災と福島第一原発事故により全町避難となった大熊町が震災から10年以上経った今,町がどうなったのか復興はどこまで進んでいるのか少しでも興味をもっていたら是非直接見に来ていただきたいと思います。

10年以上経っても大熊町の復興はほんの一部しか出来ていません。

それどころか原発事故の影響がいまだに町のあちこちを廃墟のままとしています。

実際に町を見て放射能がどんな影響をもたらすのかを知って頂ければと思います。

大熊町に来て,おいしいものを食べてもらうことは復興へと繋がります。

是非この見学プランを参考に大熊町へ来てください!



コメント