DX人材が不足している!?転職を有利にするためのおすすめスキル5選!

DX推進

最近よくDXという言葉を耳にしませんか?

「DXは聞いたことあるけどよくわからない」「DXは経営者やIT系の人がやることで関係ない」という人も多いのではないでしょうか?

今各企業ではDX推進が求められており、これによりDX人材不足が問題となっています。

ふくしま復興し太郎
ふくしま復興し太郎

この記事は以下のような人におすすめ!

・DX人材がなぜ必要なのか知りたい

・DX人材に求められるスキルを知りたい

・自分の市場価値を高めるため、スキルアップしたい

・転職で有利なスキルを習得したい

この記事ではDXに関する基本的な知識と、DX人材に必要なスキルを紹介します。

自分の市場価値を高め、競争社会で勝ち抜きましょう。



DX人材とは?

DX人材が何かを知る前に、そもそもDXとは何か、なぜDXを推進しているのかについて理解しましょう。

DXとは?

DXは「デジタルトランスフォーメーション(Digital Transformation)」の略です。

DXという言葉を最初に用いたのは、スウェーデンのウメオ大学のエリック・ストルターマン教授です。2004年に発表した論文の中で同氏は、DXについて「ITの浸透が、人々の生活をあらゆる面でより良い方向に変化させる」と記述しています。

また、経済産業省は、2018年12月に発表した「デジタルトランスフォーメーションを推進するためのガイドライン(DX推進ガイドライン)Ver. 1.0」において、DXを下記のように定義しています。

「企業がビジネス環境の激しい変化に対応し、データとデジタル技術を活用して、顧客や社会のニーズを基に、製品やサービス、ビジネスモデルを変革するとともに、業務そのものや、組織、プロセス、企業文化・風土を変革し、競争上の優位性を確立すること」

DXとは、企業が競争で優位になるように製品やサービス、ビジネスモデルなどにデジタル技術を活用して変革をもたらすことです。

なぜDX推進が必要なのか?

企業においてDX推進は、デジタル技術活用により生産性・業務効率向上を行い、競争力の維持・獲得・強化を果たすことが目的です。

DXを推進しなければいけない理由としては、レガシーシステムによる「2025年の崖」があります。

2018年に経済産業省が公表した「DXレポート ~ITシステム「2025年の崖」の克服とDXの本格的な展開~」にて、「DXが進まなければ2025年以降、最大で年間12兆円の経済損失が生じる可能性が高い」という旨の警告をされたのが「2025年の崖」です。

12兆円もの経済損失という数字は、当時の日本社会に大きなインパクトを与え、これを回避するためのDX化が早急の課題であるとの認識を広めました。

なぜDX人材が不足しているのか?

多くの企業でDXが推進される一方で、急速に高まった需要からDX人材の不足が問題となっています。

不足するDX人材を確保するために、各企業は「社内でのDX人材育成」「社外からのDX人材獲得」「社外へのDX委託」という方法を行っています。

DX人材とは、以下のような人材です(DXガイドライン参考)。

【DX人材】

・デジタル技術に知見が深く、それに伴ったデータの活用もできる人材

・業務の中身を深く理解している人材

・デジタル技術活用によりどんなことができ、どのような効果があるのかを理解している人材

今までDXを行ってこなかった企業にとって、急に社内でのDX人材を育成したからと言って、すぐに成果に結びつくものではありません。

中長期的に考えると、最も効果的なのは社外からDX人材を獲得し、その後社内に展開して人材育成を行う方法です。

その結果、今DX人材の取り合いが激化し、DX人材不足が発生しているのです。

DX推進ができるかできないかが、今後の企業存続に大きく関わるため、どの企業も必死になっているのです。



転職を有利にするためのおすすめスキル5選

DX人材の需要が高まる今、関連スキルを身に付けていると転職を有利に進めることができます。

もちろん、DXは全ての企業で取り組む問題であるため、関連スキル習得により今の会社でより活躍することもできます。

また、働き方改革により副業が解禁される会社も増えてきました。

DXはテレワークでも活躍できる幅が広いため、スキルを習得し副業を始めることもできます。

自分の市場価値を高めて、自由で生きがいのある働き方を見つけましょう!

スキル①_エクセル活用スキル

エクセルは普段から多くの仕事で活用されています。しかし、その大半は基本的な使い方や簡単な関数程度の利用となっています。

DXはいきなり出来るのもではなく、初めに現状のデータ整理からする必要があります。

効率的かつ効果的にデータ整理を行うのに役立つのがマクロ機能です。

ほとんどの企業でエクセルが使われているため、マクロが使える人材はどこに行っても活躍できるため重宝されます。

また、マクロは今までのエクセル利用の延長線上であるため、多くの仕事で受け入れやすいのも魅力の一つです。

エクセル初心者の方も、ある程度使える方も、マクロを習得することで活用範囲は大きく広がります。

手軽にスキルアップするためにおすすめなのがパソコンスクール「PCHack」です。

プロのITエンジニアが初心者レベルから実践レベルまで丁寧に教えてくれます。

オンラインで好きな時間にスキルアップできるので、仕事をしながらでも手軽に始められます。

⇩3万円程度と他のパソコンスクールに比べ低価格となっていますので是非ご利用ください。

スキル②_ドローン技術活用スキル

DXの推進はデータを分析することで、新たな価値を見出し事業改革に生かすものです。

そのためにはまずデータがなければいけません。

今行っているアナログ業務(目視確認など)をデジタル化するのにおすすめなのがドローン技術の活用です。

ドローン技術の活用は多くの産業が注目しており、人に代わって業務を行うことが期待されています。

ドローンは以下のような業務に活用することができます。

・目視での調査や点検業務(特に高所などの危険な場所)

・建築、土木分野での測量

・災害発生時の迅速な現場確認

今まで人が行っていた業務をドローンにて自動化し、かつ採取した画像をAIの画像診断技術を活用することで、今までアナログだった業務がデジタル化されるだけでなく、得られたデータが分析に活用できるようになりDX推進へ繋がります。

ただ、ドローンを業務に活用する場合は安全面や力量管理面から、ドローン操縦士の資格取得が必要となります。

資格はドローンに関する法律や操縦技術を取得できるものになります。余程、機械が苦手でなければ難しくありません

ドローン操縦技術としては商用資格を取得することで就職や業務としての活用に生かすことができます。

商用パイロット資格取得には「デイトラ」「ドローンコース」がおすすめです。

完全オンラインで資格取得が可能で価格も業界最安値級となっています。

無料レッスン講座を体験できますので、まずは気軽に体験してみてください。

⇩無料レッスン講座体験はこちら

「デイトラ」「ドローンコース」の紹介動画もあわせてご覧ください。



スキル③_RPA(ロボティック プロセス オートメーション)活用スキル

RPAとは「Robotic Process Automation」の略語で、パソコンで行っている事務作業を自動化できるソフトウェアロボット技術のことです。

RPAは指示された作業を正確に行うことができるため以下の様な業務に活用することができます。

・業務ルールが決まっており、同じ動作を繰り返し行うもの

・データ入力やデータチェックなど単純だが正確さが必要な業務

・大量データのバッチ処理を行っているもの

RPAはパソコン上で人が日常的に行っているマウス操作やキーボード入力などの操作手順を記録し、それを高速で正確に実行することができます。

操作手順の記録は比較的容易に可能で、プログラミング言語を知らない初心者でも少し練習すると使えるようになります。

業務カイゼンにおいて最も導入しやすいデジタル技術といっていいかと思います。

⇩RPAについて詳しくはこちらをご覧ください。

RPAとは?(ロボティック プロセス オートメーション)導入事例も解説!|RPA業務自動化ソリューション|日立ソリューションズ
RPA(ロボティック プロセス オートメーション&#6...

スキル④_データサイエンス活用スキル

データサイエンス活用スキルはDXを推進する上で特に重宝されるスキルの一つです。

いくらデータを集めても効果的な分析が行えなければ意味がありません。

データサイエンススキルを習得していると、統計学やプログラミングといった専門的な知識を活用してデータ分析を行うことができます。

データサイエンスを活用し業務に展開すること自体がDXになるので、まさに今必要なスキルと言っていいでしょう。

スキル習得におすすめなのがデータサイエンスが学べる日本屈指のビジネススクール「datamix」です。

ビジネスへのデータサイエンス適用に重点を置いており、DXデータ人材を目指しているスクールです。

人気のデータサイエンスセミナーを無料公開していますので、まずは見てみてください。

「datamix」の紹介動画もあわせてご覧ください。

スキル⑤_AI(人工知能)活用スキル

AI活用スキルについてもDXを推進する上で重宝されるスキルの一つです。

大量のデータを高速で処理することができるため、今まで人が気づけなかった問題点や課題を発見することができます。

AIを活用し業務に展開すること自体がDXになるので、まさに今必要なスキルと言っていいでしょう。

AIはデータに基づき、自律的に判断することができるため以下の様な業務に活用することができます。

・目視で製品の良、不良を判断する業務

・決まったルールで写真やデータを分類している業務

・大量データからその後の予測を行う業務

AIプログラミングにはPythonといったプログラミング言語を活用しますが、初心者が自力で習得するには難しい分野だと思います。

AI活用スキル習得におすすめなのが、AI特化型プログラミングスクール「AIジョブカレ」です。

AIジョブカレでは初心者向けの基礎知識はもちろん、実務で使えるスキルを身に付けられます。

もちろんオンラインでの受講が可能なので、自分の好きな時間にスキルアップすることができます。

無料説明会を実施していますので、少しでも迷った方はまず説明会に参加してみましょう。

「AIジョブカレ」の紹介動画もあわせてご覧ください。



DX人材として転職を目指すなら?

本気でDX人材として転職を目指すなら、無料転職支援サービス「AIジョブカレPRO」がおすすめです。

【AIジョブカレPROの特徴】

実務を学ぶ実践講座とセットで転職・就職活動を行うため、通常の応募では選考に進めないAIエンジニア職の求人募集に未経験での応募が可能

AI求人保有企業の内定を受けてから講座に参加するため、卒業後は正社員のAIエンジニア職・データサイエンス職として就業が可能

・現職で就業しながら、無料で機械学習とディープラーニングを受講可能

一度スキルを習得し実践経験を獲得すれば、自分の市場価値は格段に上がるため、その後の人生においても有利に進めることができるでしょう。

スキル習得するなら、DX人材の需要が高まっている今がチャンスです!

⇩まずは無料カウンセリングをどうぞ!

自分の市場価値を知ろう

仕事を辞めてからの転職にはリスクがありますが、仕事を続けながらの転職活動はノーリスクです。

転職活動は自分の市場価値を知るための有効な手段です。必ず転職する必要はありません。

もし、今の仕事に不満があったり、やってみたい仕事があるなら、まずは転職活動をしてみましょう。

今の自分はどんな仕事ができるのか、いくらの給料をもらうことができるのか知ることで、今置かれている立場が分かります。

より良い未来を自ら選択するために、自分の市場価値を高めていきましょう。

ITエンジニア転職

ITエンジニアに興味はあるけど、未経験の方におすすめの転職サイトは「はじめてのエンジニア」です。

はじめてのエンジニアは未経験エンジニアの転職に特化した実績豊富な専門コンサルが対応しています。

「ITエンジニアが不足傾向にある」ことと、今後の「市場成長」と「人材の供給量」から推測して、「近い将来に深刻なエンジニア不足が発生する」といった問題があります。

その背景から、未経験からでも育てていくというポテンシャル採という手法が用いられています。

学歴を問わず、人物重視の採用企業を紹介してくれるのでエンジニア未経験でも安心して転職できます。

転職活動はノーリスクです。まずは求人を見ることから始めましょう。

先端技術・イノベーション領域に強いエンジニア転職

各業界のエンジニア転職なら、「Kaguya」がおすすめです。

エンジニア求人数 業界最大級のエンジニアのための転職支援サービスです。

先端技術・イノベーション領域に強みを持つムーンコミュニケーションズ・エンタープライゼス社と、技術系エンジニア転職支援実績No.1のメイテックネクスト社が共同運営しています。

あなたの技術や専門性を待っている企業がいます。

⇩まずはあなたの技術や専門性が、どのような先端技術を持つ会社で活かすことが出来るか、確認しませんか?



コメント