【浪江町】全国初!ポケモン「ラッキー公園」開園式に行ってきた!ポケモンGO激熱_ラッキー大量発生!?

知って,ふくしま

訪問ありがとうございます。

ふくしま復興し太郎です。私の簡単なプロフィールは↓こんな感じです。

~簡単なプロフィール~

2011.3.11 20歳の時に福島第一原子力発電所で被災

 ⇒体験談はこちら【第1話】東日本大震災を福島第一原子力発電所で経験~災害のはじまり~ – ふくしま復興し隊 (fukushima-fukkoushitarou.com)

・原発事故の体験と教訓,廃炉作業の今を伝えていくことがライフワーク

・多くの人に福島の今と魅力を伝え,興味を持ってもらい復興に貢献するため活動中

今回は全国初となるポケモン「ラッキー公園」の開園式に行ってきたので紹介します。

ラッキー公園は福島県浪江町の「道の駅なみえ」敷地内に2021年12月12日開園しました。

運営会社「ポケモン」から遊具を寄贈された郡山,柳津,昭和,浪江の4市町村にそれぞれラッキー公園が開設予定となっており,今回第一号として「ラッキー公園inなみえまち」が開園しました。

施設概要

営業時間24時間
住所〒979-1513 福島県双葉郡浪江町幾世橋知命寺60

ラッキー公園は「道の駅なみえ」「なみえの技・なりわい館」の間に開園しました。

⇩「道の駅なみえ」についてブログで紹介していますのであわせてご覧ください。

施設紹介

開園式

11時から行われた開園式には多くの方が集まり,賑わいを見せました。

関係者及び浪江町民の方が式典に招待されていました。

県内外からも一目見ようと多くの方が訪れていました。

ラッキー公園_全体

開園式後にラッキー公園が一般開放されました。多くの家族連れで混雑していましたが,皆さんとても楽しそうな表情でした。

公園の入り口では浪江町のゆるキャラ「うけどん」がお出迎えしてくれました。

ラッキー公園_遊具①

ラッキー公園メイン遊具は高さ6mの巨大ラッキーです。

丸みや表情など忠実に再現されており,とてもかわいらしいです。

巨大ラッキーの中はアスレチック遊具となっています。

滑り台(大),滑り台(小),音のなる遊具などが中にあります。

遊具の中にはラッキーの卵に入れる場所があり,卵気分を味わえます。秘密基地みたいでした。

ラッキー公園_遊具②

ラッキーの中に入ってゆらゆら揺らしながら遊ぶことのできる遊具です。

ラッキーの卵になったような気分が味わえる!?

ラッキー公園_遊具③

公園の定番ブランコですが,ブランコの上にラッキーとキャモメがかわいらしく座っています。

ラッキー公園_遊具④

ベロリンガーの長い舌ベロをモチーフにした滑り台です。背中から登って口から滑り降りることができます。

つぶらな瞳がとてもかわいらしいです。

ラッキー公園_遊具⑤

ピッピ,ププリン,モンスターボールがつながった遊具で,前後に揺らして遊ぶことができます。

ピッピもププリンもまるまるしていてかわいらしいです。

ラッキー公園_遊具⑥

ラッキーの進化前ピンプクの砂場です。蓮の葉?の上にかわいらしくピンプクがいます。

ベンチや机としても使うことができます。

ラッキー公園_ベンチ

ラッキー公園にあるベンチにはしっぽがハートのピカチュウがモンスターボールを追いかけています。

ハートのしっぽもかわいいですが,モンスターボールを捕まえようとしているところもかわいらしいです。

ラッキー公園_手洗い場

ラッキー公園の手洗い場では浪江産水素のお湯が利用できます。

この水は純水素燃料電池の発電により生まれた熱を利用した温水です。発電に使用する水素は浪江町棚塩産業団地にある水素製造拠点「FH2R」で作られた水素を使用しています。

ラッキー公園_自動販売機

ラッキー公園にある自動販売機にもラッキーが描かれています。いっぱい遊んだらしっかり水分補給しましょう。

Pokémon GO」との連携

ポケモンをモチーフにした公園ということで,位置情報ゲーム「Pokémon GO」との連携も図られています。

道の駅なみえにはジム×4,スポット×4があり,激熱スポットとなっています。

本日確認したところ,ほぼすべてのポケモンがラッキーになっていました!

イベント湧きするポケモンもラッキーとなっていました。今後もラッキーが出現し続けるのは不明です。

ラッキー公園内でラッキーを捕まえられるので,本当にポケモンの世界に入ったように感じました。

ポケモントレーナーの皆さんはラッキー大量ゲットのチャンスです!是非ラッキーの聖地に行ってみましょう!

ポケモンセンターin道の駅なみえ

ラッキー公園開園に併せて道の駅なみえ内に「ポケモンセンター」のコーナーができました!

ここでしか手に入らないオリジナル商品もありますで是非お立ち寄りください。

「ポケモンセンター」はレジ付近にあります。

ラッキーをはじめ,かわいらしいぬいぐるみがたくさんそろっています。

レジ前ではラッキーとピンプクがお出迎えしてくれます。

まとめ

浪江町は2011年3月11日の東日本大震災及び福島第一原子力発電所事故により全町避難を余儀なくされました。避難は今なお続いており,2021年12月時点でも浪江町に帰還したのは1割台に留まっているのが現状です。

今回開園した「ラッキー公園」「道の駅なみえ」と共に町の復興シンボルになってくれると思います。多くの方に来ていただき,浪江町の魅力を知って頂くことで少しずつ復興に繋がると思います。

「ラッキー公園」が子育て世代の帰還に繋がり,ふくしま復興に繋がることを願います。

浪江町のおすすめ観光スポットについてブログで紹介していますのであわせてご覧ください。

浪江町のおすすめ観光プランについても紹介していますのであわせてご覧ください。

買って復興応援

「復興応援したいけど遠くて行けない」という方は是非福島の特産品を買って応援お願いします。

ブログで特産品を紹介していますので是非参考にしてみてください!

買って,ふくしま
ふくしまの名物や特産品を紹介します。

ふくしまの一押し特産品「三大銘菓」_「ままどおる」


ふくしまの一押し特産品「三大銘菓」_「薄皮饅頭」


ふくしまの一押し特産品「三大銘菓」_「ゆべし」


カタログギフト

「福島県産品を知人や友人に送りたいけど何を送ったらいいか分からない」という方にはカタログギフトはいかがでしょうか?

以下より購入できますので参考にしてみてください。

コメント